ムシバイ 副作用

MENU

ムシバイには副作用の心配はあるの?

ムシバイの副作用

ムシバイは今話題になっていますが、そんなに効果があるとなると、副作用がないか心配ですよね。特にムシバイは小さいお子様が口にするものなので、副作用がないかがとても心配です。ムシバイにはどんな成分が含まれていて、副作用はないかを調べてみました。

 

ムシバイに副作用はあるの?

ムシバイには副作用はあるのでしょうか?アレルギーなどをもっているお子様でも大丈夫なのでしょうか?

 

お子様には乳製品のアレルギーがある方もいると思います。そんな方はムシバイを食べても大丈夫なのか心配ですよね。

 

お調べした結果、乳製品のアレルギーがある方でもムシバイを食べていただいて大丈夫です。ムシバイには、PS-B1というものが配合されていて、大豆原料を使って培養しています。特許成分なので、乳製品のアレルギーをもったお子様でも安心して食べていただけます。

 

乳製品以外にもアレルギーがある方は、専門医にご相談ください。ムシバイはアレルギーの物質を含んだ原材料は使用しておりません。しかし、製造工場では一部、アレルギー物質を含んだ製品を生産しています。

 

微量でも反応が出るお子様についてはムシバイの使用を控えましょう。特に大豆アレルギーがある場合には注意しましょう。

 

原因物質は培養過程で乳酸菌によりほとんどが分解されています。しかし、原材料はあくまでも大豆培地を利用した乳酸菌生産物質なので、専門医に相談してから注文をするようにしましょう。

ムシバイの成分

ムシバイにはどのような成分が含まれているのでしょうか?

 

クリスパタス菌が含まれています。乳酸菌には動物由来と植物由来があり、クリスパタス菌というのはヒト由来の乳酸菌です。

 

クリスパタス菌というのは、女性の産道に多く存在しています。赤ちゃんは、産道を通って生まれますが、はじめにお母さんからこの乳酸菌を渡されます。

 

クリスパタス菌というのは培養するのが難しいといわれていましたが、研究の結果、大量生産ができるようになりました。

 

クリスパタス菌というのは、ヒト由来なので、動物由来や植物由来の乳酸菌と比べると、守る力がとても強く、しっかりと守ってくれます。それによって、お子様の歯をしっかりとガードしてくれます。

 

クリスパタス菌は、熱に強く、180℃の熱で加熱してもその機能は変わりません。どんな環境でもその力をしっかりと発揮してくれます。クリスパタス菌は体内に入ってもしっかりと活動してくれますので、効果が期待できます。

 

特許成分のPS−B1が配合されているので、乳アレルギーのお子様でも安心して食べていただけます。自然由来の成分で、口の中にいる善玉菌の働きをサポートしてくれて、口腔環境を整えてくれます。

 

甘いのに、カロリーは約15%と少なめで歯に優しいキシリトールを70%配合しています。

 

食べやすいシュアブルタイプで手軽にポリポリと食べることができます。お子様でも簡単に食べることができます。

 

ヨーグルト風味で、お子様に優しい成分で作られていますので安心です。発泡剤、殺菌剤、界面活性剤は一切使用していません。