ムシバイ 成分

MENU

ムシバイの成分はどんなものを使っているの?

ムシバイの成分

ムシバイの成分には今話題の成分であるクリスパタス菌KT-11が含まれています。ムシバイの成分であるクリスパタス菌KT-11というのはいったいどんな成分でどんな効果が期待できるのでしょうか?ムシバイの成分であるクリスパタス菌KT-11が気になる方はご参考にしてください。

 

ムシバイの成分

ムシバイには今話題の成分であるクリスパタス菌KT-11というヒト由来の乳酸菌が含まれています。

 

クリスパタス菌というのはヒト由来の乳酸菌であり、とても話題になっています。乳酸菌には通常植物由来と動物由来がありますが、クリスパタス菌はヒト由来なのです。

 

クリスパタス菌というのは女性の産道に多く存在しています。赤ちゃんが産道を通って生まれるときには、はじめにお母さんからこの乳酸菌を渡されます。

 

クリスパタス菌というのは難しい研究の結果見つかった最新の乳酸菌です。植物由来や動物由来の乳酸菌というのは市販でもよく見かけますが、ヒト由来の乳酸菌というのは珍しいものです。

 

クリスパタス菌というのは培養するのが困難な乳酸菌であり、研究を重ねて開発された特許技術によって大量生産をすることができるようになりました。

 

クリスパタス菌はヒト由来なので、動物由来のものや植物由来の乳酸菌と比べると、守る力がとても強いです。そのため、お子様の歯をしっかりとガードしてくれるのです。

 

乳酸菌というのは、通常熱に弱いのですが、クリスパタス菌というのは熱に強く、加熱してもその機能がかわることはありません。

 

どんな環境においても、その力を発揮することができて、体内に入ってもしっかりと活動してくれます。そのため、より効果が期待できます。

 

乳アレルギーのお子様は多いですが、乳アレルギーのお子様でも安心して食べていただけます。

 

PS-B1というのは大豆をエサにして生まれた特許成分であり、これが配合されています。特許成分PS-B1というのは21種の乳酸菌をもとにして、前培養として単菌培養、共棲培養、複合培養という3段階の培養を経て、本培養になります。

 

本培養の際には国産の有機大豆を培地としていて、乳アレルギーのお子様にも安心して食べていただけます。PS-B1は自然由来の成分であり、口の中にいる善玉菌の働きをサポートしてくれます。そして口腔環境を整えてくれるのです。

ムシバイのこだわり

キシリトールを70%配合しているので、砂糖と同じくらい甘いのに、カロリーは15%と少なめで歯にも優しいのです。

 

キシリトールは虫歯菌の原因になる酸を作らないので歯に優しいです。甘味によって唾液が分泌され、歯の再石灰化作用が期待できます。

 

手軽にポリポリと食べられるチュアブルタイプでお子さまでも簡単に楽しく食べることができます。食べさせるのに苦労することもありません。

 

ヨーグルト風味なので、楽しく続けることができます。歯磨き後においしいおやつがあるので、歯磨きが嫌いなお子様も自分から歯磨きをするようになります。

 

体に優しい成分で作られています。殺菌剤や界面活性剤、発泡剤などは使われておりません。厳しい品質基準をクリアしたGMPの認証工場で製造されているので安心です。国内の工場で作られているので安心です。