ムシバイ 食べ方

MENU

ムシバイの食べ方に工夫は必要?

ムシバイの食べ方

ムシバイを試そうと思っている方は正しい食べ方を知りたいですよね。ムシバイを購入したら効果的な食べ方で虫歯を防ぎたいものです。お子供の歯磨きで悩んでいる方は是非ムシバイを試してみてください。ムシバイの正しい食べ方をご紹介しましょう。

 

ムシバイの正しい食べ方

ムシバイの正しい食べ方をご紹介しましょう。

 

まず、しっかりと歯を磨きましょう。口の中の菌というのは就寝中に繁殖して定着してしまいます。そのため、寝る前にはしっかりと歯を磨きましょう。

 

次に、歯磨き後のおやつとして、ムシバイを1日に1粒お子様にあげてください。そして、噛まないでアメを食べるようにゆっくりと舐めましょう。

ムシバイを食べる時のポイント

お子様が歯磨きを嫌がっているときには、最初は、お父さんやお母さんが自ら歯磨きをしましょう。

 

そして、その後で、ムシバイを美味しく食べている様子をお子様に見せましょう。そうするととても効果的です。お父さんとお母さんが美味しそうにムシバイを食べているのを見て、お子様もムシバイを食べたくなり、歯磨きをするようになっていきます。

 

良い習慣をつけるのには3ヶ月かかります。ムシバイを活用して、毎日の歯磨きを習慣化しましょう。

 

このときに注意していただきたいのが、ご両親が気づかないうちに、お子様がムシバイを1袋全部食べてしまったということも報告されています。

 

健康に害になることはありませんが、1度に大量に摂取すると、のどが詰まってしまったりします。こうならないように、お子様の手の届かないところに置いて、見えないところで保管するようにしてください。

 

小さいお子様にムシバイをあげた場合には、のどの詰まりを防ぐために、絶対に目を離さないようにしましょう。ムシバイの粒が大きい場合には、スプーンで適当に砕いてお子様にあげましょう。

ムシバイを食べさせる際の疑問点

ムシバイをお子様に与える時に、これは大丈夫なのだろうかと疑問がある方のためにお調べしました。

 

まず、お子様がまだ奥歯が生えていない場合に、ムシバイを食べさせても大丈夫か心配だと思います。ムシバイは、のどの詰まりを防止するために、必ず、奥歯が生えてから食べさせるようにしましょう。

 

歯が生えるスピードには個人差があります。一般的に1歳半くらいになると、お子様の顎は強くなっていきますので、離乳食の終わりがけを目安にして、ムシバイを食べ始めるのがおすすめです。

 

ムシバイを噛んだり、噛み砕いても大丈夫か心配だと思います。お子様にムシバイをあげる際に粒が大きい場合には必ず砕いてからあげましょう。

 

ムシバイは口の中でゆっくりと溶かして口内環境を整えることが大切です。ムシバイはなるべく噛まないようにしてゆっくりと舐めるようにしましょう。

 

朝昼夜の1日に3回食べてもいいのか心配な方もいますよね。ムシバイは朝昼夜の1日3回食べても問題ありませんが、一番ムシバイを実感することができるのは、口の中の細菌が最も繁殖しやすい寝る前の歯磨きの後です。寝る前に食べるのをおすすめします。